瑠璃色の町 1

Nadis.

090-9656-7717

福岡県北九州市小倉北区京町

営業時間:10:00〜19:00最終受付(完全予約制)
※時間外も応相談

体験談

瑠璃色の町 1

ブログ~つれづれなるまま

2017/06/07 瑠璃色の町 1

小倉へサロンを移し6月で丸7年。7年前、インスピレーションで迷わず小倉へ移ったこと。
今も「ここがいいかも」と感じた感覚は忘れられない。
同じくして、ネットで今の場所がアップされ即決めたこと。日の出が見える東側の窓。窓からの視界。部屋の空気感。守られた場所だと感じた。

この仕事に専念したいと願って、整えられた場所のような気がして感謝。人生の第2ステージ。たった一つしか願いが叶えられないとしたら、私はこの仕事を選ぶだろう。
そういえばセドナのヒーラーに福岡で・・・と言われたこと、後になって思い出した。
プログラムどおりなのかもしれない。

 

妙見が北極星、北斗七星信仰で御祭神は天之御中主神と二神の造化三神、という程度の予備知識で足立山妙見宮に決め、早速、お礼とご挨拶に。「小倉」の名前は、虚空蔵菩薩が「コクウクラ」とも読める為、転じて小倉(コクラ)の地名になったのが起源と知り、なるほど。なるほど。妙見信仰と虚空蔵菩薩信仰の神仏習合
更に主祭神五柱で全国妙見総本宮 ということで、 和気清麻呂公命(正一位護王大明神)の由緒は古い歴史と足立山に霊力と包容力を感じ、その後、駅前の緑のない風景に疲れたら、足を向けるようになった。

 

北九州は戦後のイメージが強く、工業の町、最近は危ない町のイメージがあるけども、まさに歴史の変換ポイントで、すべてを飲み込みながら変容してきた日本の縮図だった場所。古代のロマンと、ものづくりを先導してきた両者合わせ持つ豊かな土地柄ゆえに、その潜在能力をいよいよ発揮できる時が来たのだと感じる。
海の幸、山の幸が豊富で町がコンパクトで住みやすい。環境未来都市、地域創生のひな型になるのかもしれない可能性を秘めている町。ほんものの時代の意識改革もここからなのだろう。

 

ニーズ故に改革意識の高いこの町が好きなのは、潜在能力を持ちながらも「夜明け前」にいたこの場所が、瑠璃色に輝き始めて見えるからなのかもしれない。

 

 

Nadis.(ナディ)
電話番号:090-9656-7717
営業時間:10:00〜19:00最終受付(完全予約制)※時間外も応相談
定休日:不定休

TOP